商品のご紹介
会社概要
通信販売
お知らせ掲示板
会員様の声
Q&A
お問い合せフォーム
リンク
メールマガジン購読登録
定期購入会員のご案内
トップに戻る
 
会員様の声

生命農法研究会ではお客様の声を募集しております。
定期購入会員の方は、是非貴重なお声をお寄せください。

会員様の声に投稿して頂ける方は、下記フォームにパスワードを入力してください。
パスワード



■ 2005/06/02 (The)   有機生活のたまごさんからの声
私はまだ有機農業についてはたまごのたまごでして、
数年前に学び始めたばかりで、まだまだ分からないことばかりですが、
農のある暮らしこそが永続的な暮らしの底辺だと信じています。

まだまだ有機生活100%とまではいきませんが、
毎日の生活の中で、環境に関することなど、
自分に出来ることから少しずつやっています。

そして、土を触るといろいろなことを感じます。
土は不思議です。触っているとなぜか気持ちが落ち着きます。^_^

それから、細木数子さんの言われる「日本の飢餓」ですが、
それに少しでも近づかないよう、農家の方だけでなく、
一般消費者(子供から大人まで)、国民一同で意識して、
なんとかしていかなければいかないところまできていると思います。

自分たちとこれからの子孫の命に直接関わってくることですから、
心配するだけでは何も変わりません。

現在子育て中の友人がたくさんいますが、
小さい子供のうちは何を食べたらよいのかは選べませんので、
母親(父親や周りの大人たち)が何を選び食べさせるか、
私たち大人の責任は大きいと思います。

女達(母親)の消費者も、選べる消費者になる為には、
まずは知ることをしないといけない、と自分のことを含め強く感じています。

「口に直接入れる食べものが直接からだの栄養源とエネルギーになる」という基本的
なことを考えると、
毎日何を食べたかで、体や脳がまるっきり変わってきてしまうというのは恐ろしいこ
とです。

私自身を含め、ほんとに真剣に『具体的な方法』を考えていかないと、
と思っております。

実際にお野菜やお米を作られています高橋さんの立場からは、
一般消費者や、今後女性たちには「10年後...」の食糧危機について
(↑現実としてなって欲しくありませんが・・・)
具体的に何を求めていらっしゃいますか?

もし大丈夫でしたら、お時間がある時にご返答いただけると有難いです。
どうぞよろしくお願い致します。



l 商品のご紹介  l 会社概要  l 通信販売  l お知らせ掲示板  l 会員様の声  l Q&A l
l お問い合せフォーム  l リンク  l メールマガジン購読登録  l 定期購入会員のご案内  l トップに戻る  l